2019年の最後は、雑草刈りでした

2019年における最後の大家業として、雑草刈りをやりました。

12月に雑草刈りを行なったのか?と言われるかもしれません。

まさか、12月に雑草刈りを行うことになるとは思いませんでした。

実は、木が生えてきてしまったので、なんとかするしかなかったということが実情です。雑草刈りよりも大変でした。

木を切ったり、ツルが伸びていたのを切るのが大変でした。

そのままの状態で、袋に入れることができないので、袋に入れるために、また切らなければなりませんでした。

自然の力の強さを感じました。

また、幸い、寒くない日でしたので、なんとかなりました。

 

12月の時期に行うことのメリットも感じました。

冬の時期は、植物が成長しづらい時期ですので、

思った以上に成長してしまった植物は、冬の時期に対処しておくことが良いということを身をもって、実感しました。

 

雑草刈りは、

・夏になる前

・冬

2回は行なうことを考えても良いかもしれません。

 

今後は、毎回行くごとに除草剤を散布するというルーティンを行うことにしました。このルーティンによって、植物の成長を抑制することができると考えられます。すべての植物を取り去ることができれば、問題ありませんが、すべての植物を取り去ったと思っても、突如として、出てくるものです。

毎回、除草剤を散布することによって、地道に減らしていくしかありません。

 

今回は、自分で行いましたが、業者に依頼するというやり方もあります。

・実際の作業

・費用

を確認した上で、

・業者に依頼する

・自分でやる

を選択するべきであると思います。

すべてを業者に依頼する必要はありませんし、すべてを大家が行う必要もありません。

費用を抑えるためには、大家自身が行うことになりますが、大家ではできないことを業者に依頼すれば、良いという考え方もあります。

 

大家は、経営者ですから、マネジメントも大家の仕事です。

・自ら手を動かすこと

・手を貸してもらうこと

・マネジメントすること

・経営者としての判断

様々なことが必要となります。

 

無理して、怪我をしてしまっては元も子もありません。

・自分でできること

・自分ではできないこと

を理解しておかなければなりません。

 

今回は、作業は自分できると判断しました。

一方で、問題点としては、

・ゴミの回収

・時間

ゴミを回収してもらわないことには、綺麗になったとは言えません。

ゴミの回収時間、日が暮れるまでに作業を終了することができるのか?ということが大きな問題でした。

 

ゴミの回収は、業者を手配することができたので、問題解消です。

ゴミの回収時間については、なんとかするしかありません。ゴミというゴミを回収時間までに集めておくしかありません。少し時間を遅くしてもらい、なんとかしました。

日が暮れるまでに終われせることができるかどうかです。冬は日が短く、朝は寒いです。しかし、朝早くからやらないと終わりませんので、朝早くから作業するしかありません。

実は、ゴミの回収まで終わってしまえば、あとは除草剤を散布するだけです。

 

次の日に、少々体で痛い箇所があったものの、自分の労働力を提供することにより、無事解決することができました。

 

認知症大家対策アドバイザーとして、日々大家さんのために、サポートしているだけでなく、自分でも大家業の経営者として、やっています。大家さんのために、サポートしているので、肉体労働を行わないイメージであると思いますが、大家業をやっているときは、経営面から、肉体労働までトータルでやっています。最近は、業者の人件費が上昇傾向ですので、大家自ら行うことができるのであれば、行うという選択肢も持っていたほうが良いと思います。

 

認知症大家対策アドバイザー

岡田文徳

関連記事

  1. 入居希望者の動向を知る
  2. 家族信託®のデメリットは!!
  3. 外壁塗装などについて考えておこう!
  4. 賃貸住宅フェアin 九州に行ってきました!
  5. 生産緑地問題について知る!
  6. 不動産だけのパターンは気をつけよう!
  7. 不動産の売買トラブルを防ぐためには・・・
  8. サブリースはやるべきか?やらざるべきか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP